アセスメントLP

  • HOME »
  • アセスメントLP
ひゅーまにあでは、就労を目指す障がいのある方一人ひとりに
効果的な就労支援を行なうため、独自の就労アセスメントを取り入れています。

就労アセスメント体験会 」では、当事者の方に、この就労アセスメントを体験していただきます。
ぜひ、この機会にご参加ください。
お問い合わせ
こういうことで困っていませんか?

障害特性の捉え方がスタッフによってバラバラになる

支援方針や介入方法をうまく統一できない

ソフトスキルのアセスメントってどうやるの?

短期間で離職を繰り返すケース、どんな支援をすればいいのか



ひゅーまにあの「就労アセスメント」で解決!

就労を目指す障がいのある方、またその支援を行っている方の、
様々な悩みや心配事にお応えします。

まずは、ひゅーまにあにご相談ください
就労アセスメント 3つの特徴
就労アセスメント 3つの特徴

1.チェックシート

仕事をする上で必要なスキルや行動を記録するシートのことです。「フォーマルアセスメント」と「インフォーマルアセスメント」から構成されており、包括的なアセスメントを実施します。
一人ひとりのニーズを的確に捉え、どんな訓練や支援・配慮が必要かを一緒に考えていきます。
チェックシート

2.効果的な訓練 

事業所内訓練と事業所外訓練を行います。アセスメントに基づき一人ひとりに必要なプログラムを組み立てます。事業所外訓練は企業など実際の就労現場で実習します。
実習先で出た課題は事業所に持ち帰って再び訓練します。このように訓練と実習を繰り返して自己理解を深めていくことで適職(ジョブマッチング)へ繋げていきます。
効果的な訓練

3.一貫した支援

アセスメントに基づき「申し送りシート(=本人の情報シート)」を作成、就職先と共有します。障害特性や得意なこと・不得意なこと、行動特性や合理的配慮などをアセスメントに基づいて記載します。
就職して上司や周囲の環境が変わっても一貫した支援や理解が得られるよう、客観的で妥当性のあるシートづくりを意識しています。
一貫した支援
実践事例
実践事例
利用者の声

今までは自分の障がいについて説明することが苦手でした。
でも就労アセスメントによって自己理解が深まり、以前よりも人に説明しやすくなりました。
適切に伝えることで、理解や配慮を得られることがわかりました。

就職に向けてただ頑張るのではなく、「何を」「いつまでに」「どれくらい」「どのように」頑張るのかが分かりやすく示されるので、 就活中に不安になる時でもモチベーションしっかりと保つことができたと思います。

今まで同じ職種ばかり応募しては離職を繰り返してきましたが、就労アセスメントの結果により、自分に合った職種や環境がわかりました。 就活を見直し路線変更をした事で、今の職場に繋がり負担なく仕事を続けられています。

支援者の声
グラフやチェックシートなど「見える形」で利用者さんにフィードバックできるので、お互いに納得して就労支援を進めていくことができました。
思い込みによる関わりを防ぎ、ご本人が納得して就職するためにも、根拠に基づいたアセスメントは就労移行支援に必要なツールだと思います。
上原 深音
アセスメント結果がグラフで可視化されることで配慮点に限らず、強みについても共有することができます。ご本人にとっては自己理解を深めるきっかけになり、支援者にとってはアセスメントの根拠になります。お互いが同じ方向を見て就職活動を進めるために、有用なツールだと感じています。
佐藤 紗織
「アセスメント結果を基にした申し送りシートを就労先と共有できるので、障害者雇用に慣れていない企業の方ともご本人の特性理解をスムーズに進めることができました。ご本人の強みを共有することで就労先で得意分野を活かした業務の切り出しに活用できるツールだと感じました。
神山 貴弘

グラフやチェックシートなど「見える形」で利用者さんにフィードバックできるので、お互いに納得して就労支援を進めていくことができました。
思い込みによる関わりを防ぎ、ご本人が納得して就職するためにも、根拠に基づいたアセスメントは就労移行支援に必要なツールだと思います。
上原 深音

この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。
この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。
ひゅーまにあ 太郎

この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。
この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。この文章はダミーです。
ひゅーまにあ 次郎

アドバイザー
縄岡 好晴 氏
〈経歴〉
川崎医療福祉大学医療福祉学部卒業
宇都宮大学大学院教育学研究科修了
千葉県発達障害者支援センター係長を経て、
大妻女子大学共生社会文化研究所 研究員、明治学院大学心理学部非常勤講師、鶴見大学短期大学部非常勤講師。
専門分野は、発達障害者の職業リハビリテーション及び社会参加について。

〈資格〉
社会福祉士・精神保健福祉士・臨床発達心理士
〈所属学会〉
日本職業リハビリテーション学会 国際委員
日本特殊教育学会
日本自閉症スぺクトラム学会 
日本LD学会
日本福祉心理学会

〈委員会〉
日本職業リハビリテーション学会 国際委員・編集委員など
主な活動内容


【都立特別支援学校外部専門員】
・王子特別支援学校様(2018年4月~)
・府中けやきの森学園様(2018年9月~)
・葛飾特別支援学校様(2019年4月~)

【発表歴】
・職業リハビリテーション研究・実践発表会(2017年、2016年:ポスター発表)
・自閉症カンファレンス(2018年:口頭発表)
・日本自閉症スペクトラム学会(2018年、2017年:口頭発表)
・日本職業リハビリテーション学会(2019年:自主シンポジウム話題提供)
・高齢・障害者雇用支援機構障害者職業総合センター(2018年:カウンセラー補研修における事例報告)
・都立小児総合医療センター(2018年1月、11月:TTAP研修における事例報告) など

【書籍寄稿】
・『TTAP実践マニュアル~自閉スペクトラム症の就労移行アセスメントツールの活用法』(監修:梅永雄二、服巻智子/ASDビレッジ出版)
・『アスペルガー症候群に特化した就労支援マニュアルESPIDD』(著:梅永雄二、井口修一/明石書店)

就労アセスメント体験会
【時間】
10:00~15:00
(AMのみ、PMのみなど応相談)

【内容】
・検査ツールを使用した就労アセスメント
  
[約90~120分間]
・ワークサンプル
(数値チェック、物品請求書作成、
  
作業日報集計)
・グループワーク
(テーマや内容は各事業所によります)
・フィードバック [60分間]

※ワークサンプル及びグループワークの内容は
  
変更になることがございます。

【費用】
無料(事業所までの交通費は自己負担です)
就労アセスメント体験会 参加無料
ひゅーまにあでは、定期的に就労アセスメントの体験会を実施しています。
様々な方のお話を聞くよい機会にもなります。
ぜひお気軽にご参加ください。
場所 : ひゅーまにあの各事業所
  
 >>ひゅーまにあを探す

時間 : 10:00~15:00
  
(AMのみ、PMのみなど応相談)
※ ワークサンプル及びグループワークの内容は変更になる事がございます
※ 事業所までの交通費は自己負担です
就労アセスメント体験会 参加無料
ひゅーまにあでは、定期的に就労アセスメントの体験会を実施しています。
様々な方のお話を聞くよい機会にもなります。
ぜひお気軽にご参加ください。

場所 : ひゅーまにあの各事業所
 >>ひゅーまにあを探す
時間 : 10:00~15:00
(AMのみ、PMのみなど応相談)

就労アセスメント体験会


【時間】
10:00~15:00
(AMのみ、PMのみなど応相談)

【内容】
・検査ツールを使用した就労アセスメント
  
[約90~120分間]
・ワークサンプル
(数値チェック、物品請求書作成、
  
作業日報集計)
・グループワーク
(テーマや内容は各事業所によります)
・フィードバック [60分間]

※ワークサンプル及びグループワークの内容は
  
変更になることがございます。

【費用】
無料(事業所までの交通費は自己負担です)