お話を伺った方

お話を伺った方
センター長 鈴木千秋 様
製造品質責任者 泉屋佐知子 様

株式会社コープ総合サービスは、みやぎ生活協同組合の子会社。宅配水の製造・販売を行う「アクアクララみやぎ生協」を運営するほか、地域生協としては初のレストラン「ビストロラウンジ コステリアン」を運営しています。

雇用している障害種別:知的障害、発達障害

「みやぎ生活協同組合」は店舗事業だけでなく、共同購入、個人宅配、生産工場や「アクアクララ」における製造業、サービス事業も展開しています。障害者雇用では、そうした多部門で受け入れており、生協店舗と同様に採用前の実習を経て、条件が適えば雇用しています。当事業所でも、支援学校や就労移行支援事業所などから職場実習を受け入れた後に、評価した上で、採用しました。様々な障害特性をお持ちの方も多く職員と一緒に働いています。

採用時には、トライアル雇用やジョブコーチ支援※などを実施し、指示した内容の理解度や業務との相性などを見極めます。現在2名の雇用をしています。知的障害のある方は支援学校時代から職業実習を3回経験していたので、職場定着はスムーズでした。発達障害のある方の場合は、障害の特性について話し方や声のかけ方などについて不安があったため、指導者が支援機関の講習(障害者職業生活相談支援員資格認定講習)を受講しました。はじめは手探りな部分もありましたが、安定した就労につながっています。

2人は、荷さばき室で空ボトルや充填ボトルの検品作業及び出荷作業に従事しています。空ボトルの検品作業工程には臭気チェックがあり、専門的なトレーニングと特性が相まって、素晴らしい作業性を発揮しています。
2人ともウォーターボトルの製造部門への配属ですが、工程上イレギュラーな事態が発生する可能性が少ない部分をお願いしています。ひとりの方には、身だしなみチェック担当を任せていて、職員の作業着の確認をお願いしています。自身の気づきも促しており、役割を持っていただくことも良いことだと思っています。
それぞれ責任者との、業務の振り返りの時間を設けていて、不安などをその日のうちに解消することで安定した出勤につながります。責任者は、講習で学んだことを活かし、日々の業務ではわかりやすい指示出しや判断基準を明確にしています。

想定される現場に実習で受け入れて、その方がどんな方かを知ることが大切と考えます。どんな働きぶりなのかは見れば分かります。課題が見つかったら、その障害の特性や個性に合っている仕事をお願いする事もできると思います。例えば言葉の行き違いのようなトラブルも発生すると思いますが、そうしたときには当事者同士だけでなく、支援機関やご家族も交えて対処することも大切です。彼らは、整理整頓など、どのスタッフよりも丁寧で、その方の特性・個性もきっとみつけることができます。

■雇用事例4コマ「身だしなみチェック係は私服にもキビシイ!!」

■お問い合わせ

ひゅーまにあ総合研修センター アシストグループ [email protected]