障がい者の雇用を進める企業の総務・人事担当者からは「勉強会だけではなかなか自社に適用するイメージが広がらない」という話をよく伺います。障がい者雇用に実績のある企業様にご協力頂き、見学会を開催いたしました。

見学会のポイント

今回参加された中には、既に障がい者雇用の経験がある企業と、まだ一度も雇用したことのない企業の両社がありました。現場見学ではそれぞれの視点からご説明を頂き、新しい気づきを得られたとの感想が聞かれました。

参加企業の声(抜粋)

  • シニアコーチの『叱ってはいけない』という言葉が非常に印象的だった。皆さん真面目に仕事に取り組まれていて素晴らしいと感じた。ただ今の自分が障がい者の方にうまく接することが出来るかというと自信がない。今後勉強していきたい。
  • 組織力、歴史というものを会社規模と併せて実感した。障がい者社員にマンツーマンに近い形でコーチが寄り添えるということは素晴らしいと感じたが、自社では難しいとも同時に感じた。やはり実際の障がい者の方が働いている現場を見れたことが一番の収穫で勉強になった。
  • 信頼を構築することが肝要で、それは日々の積み重ねで必ず実現することがわかった。またお話いただいた方も初めは現場の方で何もわからないところから始められたということであり、自社としても雇用を検討していきたいと思った。

セミナー概要

日時 2018年10月18日
時間 9:00~11:00
内容
  • 見学(朝礼、指示事項等の伝え方)
  • 作業見学
  • 企業説明
参加企業 運輸業、ホテル業、医療・福祉業、広告業

本件に関するお問い合わせ

ひゅーまにあ総合研修センター アシストグループ [email protected]