「社員複数名を外部の研修に出すのは大変」という企業の声にお応えし、コンサルタントが訪問しての出前セミナーを実施しています。
今回は依頼をいただいた企業の総務部員を対象とした出前セミナーを開催いたしました。

セミナー実施のポイント

セミナーでは、まず「なぜ障害者雇用を進めていかなければいけないのか」という基礎の部分から話すことで障害者雇用に対する理解を深めていただきました。参加していただいた方からは、「企業としても働く仲間としても、触れてもいいか分からない部分があったが、仲間として関わっていく勇気が持てた」との声をいただいております。雇用を拡大していく方針で、再度セミナーの開催をしてほしいとの依頼もあったため、引き続きサポートを行っております。

参加者の声

  • 障害特性と性格の違いが分かった(励まし方等がわかった)
  • 職場だけの働きかけだけでは難しい部分もあったため本人・企業・家族の3者間での話合いの場を設けることが大事だと思った。
  • 様々な障害のことが聞けてよかった。
  • これまでどのように接したらいいのか分からないときがあったため、今回学んだことを活かせるように従業員とも協力していきたい。

セミナー概要

場所 先方企業様にて
時間 18:15~20:00
内容
  • 「宮城県障害者雇用アシスト事業について」
  • 「社会は何故、障害者雇用をしなければならないか」
  • 「障害特性の理解について」
  • 質疑応答
参加者 52名

 

本件に関するお問い合わせ

ひゅーまにあ総合研修センター アシストグループ [email protected]