『高機能ASD児の教育と自立支援』(梅永雄二先生著)にチャレンジドジャパンの支援事例を寄稿させて頂きました。

<写真>

本書は知的障害のない、いわゆる高機能の自閉症スペクトラム障害(以下、高機能ASD)に焦点を当てた一冊です。高機能ASDは、幼少期や学齢期までは本人の“困り感”が目立ちにくく支援を要するような特性が見落とされがちですが、青年期以降のステージにおいてコミュニケーションの困難さなどによって支援を要するケースが多いといわれています。

高機能ASDを取り巻く現状や課題、必要な教育、支援事例、就労現場での合理的配慮など、それぞれ具体的な例を挙げて解説されています。「支援事例」の章の中でチャレンジドジャパンでの事例(『短期間で離職を繰り返す高機能ASD者への支援の実例』)が掲載されています。

『高機能ASD児の教育と自立支援』梅永雄二 著(教育出版)

ぜひ一度、ご覧ください。