2020年9月23日、千葉大学附属病院精神神経科で実施されている「発達障害グループプログラム」にて、
発達障害の当事者の方々向けに就労講話を行いました。

テーマは「発達障害の就労支援について」。
主に以下のトピックについてお話しました。

・一般就労と福祉的就労の違い
・オープン雇用とクローズ雇用のメリットとデメリット
・障害者雇用率(法定雇用率)
・特例子会社制度
・トライアル雇用
・発達障害に多い離職原因
・就労準備性について
・利用できる支援機関・障害福祉サービスいろいろ
・就労移行支援事業所の紹介
・支援事例について

講話の最後には質疑応答のコーナーを設け、
「就労移行支援事業所を利用するためには障害者手帳を取得しなければならないのか?」、
「色々な支援機関があるが、どこを利用すればわからない場合はどうすればいいのか?」、
「“合理的配慮”について言葉は知っていたが、改めて考えるきっかけになった」など、
さまざまなご質問や感想をいただきました。

障害福祉に関する社会資源は地域によって色々あります。
就労移行支援事業所もその中の一つですが、
肝心の当事者の方々に必要な情報がどれだけ届いているのか、それを実感する貴重な機会となりました。

総合研修センターでは、今後も当事者の方々向けに必要な情報を届けていきたいと思います。

お問い合わせ

ひゅーまにあ総合研修センター [email protected]
ウェブサイト https://souken.ch-j.co.jp